開発/デザインチーム
幅広いニーズにマッチした新商品開発を行うほか、小魚をよりおいしく食べていただくためのメニュー開発も行います。
お取引先様のニーズに合わせ、季節や催事ごとにビジュアル重視のPOPや商品ラベルのオリジナルデザインを作成します。
開発
“おいしい”を形にする、
食のプロデューサー。
井上さん 2011年入社/中途採用
自分を見つめなおし、
家族の為にも新天地での転職を決意。
30歳を迎えた時、転職を機に入社しました。前職は学生の時に農学を専攻していたことから、農業や食に関わる仕事がしたいと思い、東京で野菜のルート営業を約6年担当。結婚をして子どもを授かって、順風満帆な生活を送っていました。ただ、ふとした時「一生このままこの仕事で良いのか?」「一生この土地で暮らしていけるのか?」という感情を抱くようになりました。
 
もっと上を目指したい、もっとお客さまに喜んでいただける仕事がしたいという気持ちと、都心で子育てをしていくことへの不安があり、思い切って新しい土地で食に関わる仕事をしようと決断。縁あってヤマイチと出会います。
 
小魚加工というニッチな市場の中、製造・販売だけでなく、自社で開発・デザイン・品質管理といった部署を構え、おいしさの追求、安心・安全のための徹底した衛生管理から売り場づくりまで、トータルでお客さまをサポートしている所に惹かれ、入社することになりました。
商品開発には、いつもドラマが。
すべての人への感謝を決して忘れません。
5年が経過したころ、それまでの営業職に加え、料理好きを買われ商品開発の仕事を兼任するようになります。その中で自分が携わった「しらす丼のたれ」という商品があります。
 
市場調査から始まり「どんなダシがマッチするのか?」「甘さは?」「塩度は?」など徹底的に追求し、試作品はA、B、Cから始まり、いつの間にかZを超え、製造する液体調味料メーカーからは、もうお手上げ!と言われる始末。それでも諦めず、ようやく納得のいく味が完成した頃にはスタートから約1年が経過していました。
 
やっとの思いで商品が完成し、スーパーの売り場で試食販売をしたところ、多くの方からたくさんの「美味しい!」のお言葉を頂戴しました。自分がメインとして開発に携わった商品がはじめてスーパーの店頭に並び、お客さまに笑顔になって喜んでもらい感慨もひとしおでした。
 
商品にかける思いに応えていただいた製造企業様、試食に付き合ってくれた社員の方々、商品の顔になるデザインをいくつも作ってくれた仲間、貴重な意見をいただいたお取引先様、ここには書ききれない程のいろいろな方の支えがあって、はじめて世の中に商品を送り出すことができました。改めて仕事は“一人ではできない”ものだなと実感すると共に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
入社から8年、営業マンから開発担当者への転身。
全力で取り組んできたことで得たチャンスでした!
そして入社8年目の年、営業職との兼任を終え、正式に開発に異動。お客さまに喜んでいただき、世の中にない新しい商品を作り出すことは一朝一夕にはできないことですが、地道に試作を重ね、納得いくまでコツコツと進めていく開発の仕事の進め方は、自分の性格に向いていると感じています。
 
知識や経験は浅いので、まだまだ勉強中の身ではありますが、世の中のニーズをつかみ、自社の強みを活かした商品づくりに取り組み、将来は開発商品のネーミング・デザイン・パッケージまでを総合プロデュースする開発者になることを目指しています。
 
営業マンとして入社し、まさか自分が開発業務に就くとは考えもしなかったことでしたが、目の前のことに前向きに取り組んでいると思いもしないチャンスがやってくるものなのだなと思います。これからも前向きに、全力で仕事に向き合い、ひとりでも多くの方に笑顔になっていただける、そんな商品を生み出していきたいと思います。
デザイン
“思わず手に取ってしまう” 
魅力あるデザインを追い求めて。
林さん 2018年入社/新卒採用
昔から好きだったことを仕事にしたいと思い、入社。
デザインを通じて 社会に貢献しています。
昔から絵を描いたり、何かを作ったりすることが好きだったので、デザインの専門学校に通っていました。卒業後は学んだ知識やスキルを活かしたい!新しい事に挑戦できる仕事に就きたい!と思い就職活動。そんな中ヤマイチに出会い、食品メーカーとして社内にデザイン部門を持っているのが珍しいこと、小魚のPOPやラベル、パッケージを作る仕事が魅力的で面白く感じたことから入社を希望しました。
 
現在はスーパーの売り場POPや商品ラベルなどの販促物の作成から、写真撮影まで、デザインに関する業務を幅広く担当しています。お客さまのニーズに合わせた季節や催事(スーパー店内での販促イベント)ごとのPOPやラベル・パッケージの作成、時には、コーナー全体の販促物の提案をしています。
 
業務は基本的に自分のペースで組み立てますが、デザインに関しては常に質を求められる厳しさも。その分、成果が目に見える仕事でもあるので、自分で作ったデザインがスーパーに並ぶ際は、とてもやりがいを感じます。
販促物には種類や見せ方がたくさん。
売り場のベストを考え、イメージを共有します。
小魚コーナー全体の販促物をすべて任せられた時は、はじめての経験でもあり、大変だった記憶があります。店舗の下見からはじまり、売り場に合わせてボード・のぼり・POP・ラベルをお客さまの要望を取り入れながら一から作成し、印刷依頼。もちろん1回では決まらず……。お客さまとお店に足を運ぶ消費者、双方に喜んでもらえる売り場にしたくて、とにかく頑張りました。売り場ができた時は本当にうれしかったし、とても良い経験になりました。
 
デザインを作成するにあたり、基本はお客さまと直接やり取りをする営業チームの担当者から話を受けて進めています。商談時も商品と合わせて販促物を提案しているため、一番関わりが深い部署になります。ラベルやPOPで使う言葉の表現、お客さまに合ったイメージのアドバイスをいただくなど、デザインを考える際によく参考にしています。
デザインの力で“しらす”の魅力を伝え、
もっともっと皆さんを笑顔にしたい。
入社してから“しらす”の食べ方が意外とワンパターンだったり、食べ方が分からなかったりする人が多いことを知りました。そんな消費者の方への気づきになるような、メニュー提案や商品のおいしさ・魅力を、ラベル・POPを通してもっと知ってもらいたいと思っています。
 
仕事をしていて大変なことや力不足を感じる時もありますが、その分、日々学ぶことも多くあります。これからも消費者の方が売り場で思わず手に取りたくなるような魅力あるデザインを作っていけるよう、もっと成長していきたいと思っています。