本文へ移動

テーマ3 ぽかぽか陽気「春」に食べたい春野菜としらすの料理

春野菜の鮮やかな緑に彩られるピザ。そこに真っ白なしらすが降りかかります。味噌の風味が具材を取り持ち、優しい風味が口いっぱいに広がります。見た目も、味も、ぽかぽかした春の陽気を感じるひと品です。

複雑な味わいが楽しいピザ。春野菜の種類を多めに使ってみました。ピザソースのベシャメルは、白みそを加えることで手軽に本格的な味を目指します。

  • しらす 40g
  • ピザ生地(自家製あるいは市販のもの)
  • 菜の花 適量
  • スナップえんどう 適量
  • そら豆 適量
【ピザソース】
  • 玉ねぎ 4分の1玉
  • しめじ 4分の1ふさ
  • 小麦粉 大さじ1
  • バター 20g
  • 牛乳 150ml
  • みそ 大さじ2分の1
※2人分

しらすは手順通り水分を加える時に投入、もしくはその前の段階、長ねぎやじゃがいもと一緒に炒めてもOK。早い段階で使う事で、しらすの旨みを上手に引き出します。

あらかじめ発酵させたピザ生地を伸ばし生地の準備します。伸ばしてある市販のピザ生地を使う場合は手順②から。
【ピザソース】フライパンを熱し、バターで玉ねぎしめじをソテー。その後、火にかけたまま小麦粉を入れ、牛乳で伸ばしていきます。最後にしらすを入れ、みそ、塩コショウで味を調えます。
伸ばした生地(あるいは市販のピザ生地)に②で作ったピザソースを全体に塗っていきます。
ピザの具材、春野菜をゆでていきます。
③で用意した生地に、菜の花、そら豆、アスパラ、しらす、とろけるチーズをトッピング。
オーブンで焼きます。チーズがとろけ、焼き色が着けば完成です。
しらす干し
そのまま食べるも良し、トッピングも良し、料理にも良し。常に備えておきたい、使い勝手の良い万能食品です。
釜揚げしらす
水分量が多く、ふっくらした食感が特徴。誰でも食べやすい、やさしい風味が特徴です。
ちりめんじゃこ
噛み応えがあり、濃い旨みを味わえる「ちりめんじゃこ」。炒め物や和え物など、他の素材を引き立てる、料理に最適なひと品です。
TOPへ戻る