本文へ移動

テーマ2 たっぷり野菜と食べる、からだにやさしいしらす料理

豆乳のこくのある甘さが旨い、熱々の豆腐にしらすだれをのせて食べる鍋料理です。あくまでシンプルに、しらすは大豆の旨さを引き立てるわき役ですが、病みつきになるおいしさです。

基本の材料では「ポン酢」のつけダレを紹介。薬味にポン酢を“和える”感覚で、薬味たっぷりのつけダレを完成させます。アレンジ材料のみそダレは、豆乳の甘みをより深く感じます。

【鍋】
  • 豆腐 1丁
  • 豆乳 100ml
  • 春菊 30g
  • だし用昆布
※2人分
【つけダレ】
  • しらす 30g
  • ネギ 10g
  • ミョウガ 5g
  • ゆず 少々
  • ごま 少々
  • かつお節 10g
  • ポン酢 30ml
※2人分
【アレンジ材料:みそダレ】
  • しらす 30g
  • みそ 20枚
  • 酒 小さじ2
  • みりん 小さじ4
  • 砂糖 小さじ4
  • すりごま 大さじ2
  • 大葉 20枚
  • ミョウガ
  • ごま油 小さじ2
※2人分

豆乳湯豆腐は、火加減を注意深く見守ることで、とろみのある綺麗な仕上りに。ポン酢やみそで和えたつけダレは、驚くほどしらすの風味が現れ、しっかりした味を楽しめます。

だしを準備する。鍋の内側半分くらいになる水(今回は100ml)に、昆布を1〜2時間浸しておく。
具材(豆腐、春菊)を入れ、ひと煮立ちさせる。
火を弱め、ゆっくり豆乳を注ぐ(吹きこぼれに注意)。弱火でコトコトと温まれば鍋の完成。
つけダレの準備。ネギ、ミョウガ、ゆずはみじん切りにし、つけダレの材料すべてを合わせる。
今回はみそダレも用意。酒、みりん、砂糖、味噌を和え、ペースト状になったところに、すりごま、刻んだみょうがと大葉、しらすを加え、みそだれの完成。
熱々のうちに、薬味をたっぷりかけて召し上がれ。
しらす干し
そのまま食べるも良し、トッピングも良し、料理にも良し。常に備えておきたい、使い勝手の良い万能食品です。
釜揚げしらす
水分量が多く、ふっくらした食感が特徴。誰でも食べやすい、やさしい風味が特徴です。
ちりめんじゃこ
噛み応えがあり、濃い旨みを味わえる「ちりめんじゃこ」。炒め物や和え物など、他の素材を引き立てる、料理に最適なひと品です。
TOPへ戻る