本文へ移動

テーマ3 ぽかぽか陽気「春」に食べたい春野菜としらすの料理

材料少なめ、手軽にできる小さなごちそうしらすリゾット。しらすの旨味を移したスープでご飯を炊き、さらに香ばしいフライのトッピング。新玉ねぎの甘さ、添えたアスパラガスの風味が引き立ちます。

しらすの他はベースとなる玉ねぎ、素材そのものの味を楽しむアスパラだけ。シンプルなリゾットです。和風だしが全体の風味を整えます。

  • しらす 60g
  • 米 150g(1合)
  • 新玉ねぎ 4分の1個
  • 和風だし 小さじ1と2/1
  • 酒 100ml
  • 水 700ml
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 少々
  • コショウ 少々
※2人分

フライパン調理はじっくりじっくりが基本。スープを入れた後は早めにしらすを入れて、旨味を引き出していきます。フライは小麦粉をさっとまぶして、表面に色が着く程度に仕上げます。

フライパンにオリーブオイルを入れ、熱したところでみじん切りにした玉ねぎ、米を入れ炒めます。
米が透き通ってきたら水、和風だし、酒、さらにしらすを入れ、中火で炊いていきます。
焦がさないように途中火加減を調整し、好みの方さに仕上げていきます。
トッピングの準備。輪切りにした玉ねぎ、しらすに小麦粉をまぶします。揚げ油が適温になったところで、揚げていきます。
アスパラガスは根本を少し落とし、切らずにレンジで30秒。今回はバーナーで焼き色を付けました。
盛り付けて完成。アスパラとオニオンリングのトッピングで見た目も華やか、食感のバリエーションが楽しめます。
しらす干し
そのまま食べるも良し、トッピングも良し、料理にも良し。常に備えておきたい、使い勝手の良い万能食品です。
釜揚げしらす
水分量が多く、ふっくらした食感が特徴。誰でも食べやすい、やさしい風味が特徴です。
ちりめんじゃこ
噛み応えがあり、濃い旨みを味わえる「ちりめんじゃこ」。炒め物や和え物など、他の素材を引き立てる、料理に最適なひと品です。
TOPへ戻る